れい明の里 施設ブログ

新しいリハビリスペースが出来ました!

いこいの家

2018-11-02 Fri 19:29 | -

前回からだいぶ日が経ってのブログの更新となってしまいました。

先月末より急に気温が下がり、季節はすっかり秋から冬のような寒さになってきましたね…。((+_+))

セルフケアは共生型サービスとして自立訓練(機能訓練)、児童発達支援の指定を8月に受け、
現在それぞれのサービス開始に向けて準備を行っています。

※共生型サービスとは平成30年度の介護保険制度、障害者総合支援法の改正で新設された
地域包括ケアシステムの強化に向け、高齢者や障害児・者が共に利用できる様になったサービスです。

今回は11月から児童発達支援利用でのリハビリを検討しているお子さんがいるので、
セルフケアの一角に作った子ども用のリハビリスペースを少しお見せしたいと思います(*^▽^*)











なかなか立派な物が出来ました!

これからも少しずつ必要な物品を揃えていきたいと思います(^_^)

羊の毛刈り

いこいの家

2018-05-16 Wed 13:15 | -

先週10日(木)にほほえみくらす裏で飼っている2頭の羊の毛刈りを行いました。

当日は雲が多く、肌寒い天気でしたが、多くの見学者が来ていました。

いつもとは違う雰囲気に羊たちも少し落ち着かない姿が見られていました。













ウロウロとする羊

        












意外と大人しく刈られています...。

  












最後はこんな感じになりました。
ふわふわとした毛が無いとヤギみたいですね・・・。(^_^;)



毛を刈った後はからだが軽くなったようで、動きが少し俊敏になった様な気がします(^-^)

ほほえみくらすの桜と最近のセルフケア

いこいの家

2018-05-04 Fri 13:00 | -

更新をしばらくお休みしているうちに季節は春に変わっていましたね…。
久しぶりの更新となります。

先月末から蕾が出ていたほほえみくらす横のグラウンドにある桜も今週の初めから花が一気に咲き、
今がちょうど見頃となっています!











この時期はセルフケアを利用されている方の屋外での歩行訓練のコースもどうしても桜のある方へ…。











この他にも、お試しレンタル中の足漕ぎ車椅子を利用者さんのプログラムに取り入れ、歩行機能や身体機能の改善、
自宅での生活の質の向上を目指し、各種リハビリを行っています。



祝日のほほえみくらす

いこいの家

2017-11-03 Fri 15:50 | -

朝晩だけでなく日中も寒さを感じる日が増え、冬が段々と近づいてきて、
体調管理が難しい時期がやってきましたね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

今回のブログでは今日のほほえみくらすの様子を紹介したいと思います。

午前中はほほえみくらすに入居されている方や法人が任意事業として10年近く
行っているフォローアップの運動教室に参加されている方たちの運動教室が行われ、7名の方が参加しました。
長い方はもう10年近く当法人スタッフが関わっている町開催の運動教室、任意の運動教室に参加されて、心身機能を維持し、住み慣れた地域での生活を送られています。
今日の運動教室でも皆さん、ご自分の健康の為にスタッフの指導の下、一生懸命運動に励んでいました。

  






午後からはいつもの様に足癒や運動器具の開放の他に浴室や今日はお試しで館内交流スペースの開放も行っています。







(↑交流スペースを入り口から見た様子です↑)
※今回紹介した交流スペースは今後、年齢に関係なく、地域の方たちが『集える場所・交流する場所』として地域の方たちへの
開放を予定しています。

(ご利用を希望される方は『ほほえみくらす』までご連絡ください)

『芸術の秋』

いこいの家

2017-10-13 Fri 17:30 | -

秋になり、セルフケアの利用者さんの中でも『芸術の秋』という訳では無いですが、
リハビリの一環として作品作りをされている方が数名いらっしゃいます。
今日はその一部を紹介したいと思います。

こちらの方は荷造り等に使われるプラスチック製のバンドを使って、ペットボトルが
数本入るくらいの大きさのバッグを作成しています。

  









バンドを編む時に横のバンドを縦のバンドに互い違いに編んでいくのですが、
編む順番を間違えてしまう事が何度か見られていたので、











この様に縦のバンドを何本かずつ纏めて、目で確認しやすく環境を調整し、その都度確認をしてみてはどうか提案してみた所、
編み間違いが減り、作品作りがスムーズに行える様になってきています。











こちらは籐で作った小皿が完成した時の様子です。
この方は自費でキットを買ってきて説明書を読んだり、スタッフに質問をしたりしながら、
1ヶ月くらいかけて集中して作品作りを行っていました。